当たる占い師を見分けるコツ

お友達にも教えてあげてください!

当たる占い師を見分けるコツを公開します

当たる占い師を見分けるコツについて、お台場占いバイキングや、とあるテレビ番組で詳しくお話しましたが、結論から言うと、鑑定の価格が最もわかり易い指標なのです。
(あくまで占いの値段の話であって、霊感や催眠、各種のカウンセリング、コンサルティングはこの限りではありません)

image

ズバリ、鑑定料金が見分けるポイント

まず、最低支払額が1000円以下で済むものは、安かろう悪かろうの占い遊びか、延長やオプションをつけて総額を膨らませようとする鑑定(俗に言う、中○街方式)が多く、結論として、占い師側がキッチリと学習された方であっても、プライオリティが集金に傾きがちなのです。

逆に、鑑定料金が高すぎるのも怪しい。個人的には、ある程度名前の通った先生で、時間制限ありで30000円を超えてくると危ないと思います。20万円、とかになると、大ホームランか、インチキかのどちらかです(風水で家を設計するとか、常識的に見てコストがかかるものは除く)。

このケースだと、理論倒れの先生か、そもそも占いなんて出来ず、適当を並べ立てて金を取る(リピートしてもらう必要がない)というナンチャッテ先生ではないか、という疑いが拭えないですね。
この2つの「高すぎる、安すぎる」を除外して選べば、最悪の体験をする可能性はガクンと下がるのではないでしょうか。
おすすめの価格帯は、個人営業ならワンセッション10000円くらいの先生ですね。占いの館や、路上の易者さんなら、3000-5000円に経験豊かな人が集まっている気がします。
占いは属人的なサービスですので、この基準に当てはまらない先生も沢山いらっしゃいます。ただ、安かろう悪かろうが真実であったとしても、高かろう良かろうはそうではなかろう、という気はします。