占いは統計学なのか…なにも知らない占い師たち

お友達にも教えてあげてください!

占いは統計学ではありません!

大久保占い研究室の田中です。

よく「占いは統計学ですから」という占い師さんがいますが、はたして本当にそうなのでしょうか。

統計学の名を借りて、信頼を植え付けようとしているだけなのでは…ということで、占いは本当に統計学なのか、考えていきたいと思います。

結論から言うと統計学ではありません

結論から言うと、占いは統計的ではありません。

MBAで統計を2年やった程度の私ですら、さすがに無理があるよなぁ、と思います。

何故かというと、占いを統計学の手法で扱うことは極めて難しく、またそういった研究も十分になされていないからです。

要するに、統計で扱えるほど、データを数値化できるものではないのです。

以下、大学の統計学の講義の第一回目、みたいな内容になりますが、占いがどうして統計学でないのかを、やんわりと説明します。

統計や数学が苦手な方でも、何度か読めば理解できると思います。

統計学と呼ぶには「質と量」が必要

統計解析を行う際に最も大事なのが、データ量と、データの質の確保です。

そして集めたら集めたで、データを正しく加工・解析できるか、という大問題も控えています。

まずは、質と量について考えていきましょう。

20130202uranai

その1 統計学にはなぜデータ量が必要なのか?

まずデータの量についてですが、これはは考えるまでもなく、データが少ないとバラツキが大きくなると言う危険性によります。

たとえば、「町内の人口の男女比を調べる」という場合、町民全員の性別を調べれば間違いありませんが(全数調査と呼びます)、「町民全員から2人ピックアップして調べます」ということになると、「この町には女しかいません!すばらしい町です!あれ、俺は男だよな…」というトンチンカンな結論になりかねません。

つまるところ、たかだか2人3人の鑑定から得た経験で「結婚の年齢を解き明かす方法がわかった!」と、理論が見つかったかのように判断することはできないのです。

こう言うと、「俺は3万人鑑定しているんだ!」と反応される、大御所の先生もいらっしゃるかと思います。

しかし、例えば「3万人鑑定したから統計で結婚する日を当てられるようになった」という論を成り立たせるためには、まず「結婚の日を鑑定して、その後の経緯を確かめた」というケースが、最低でも50件は欲しいところです(50でも本当は少ないですね。200-300あれば良いと思います)。

そして、この量の問題をクリアできたとしても、さらに「データの質」が問われるのです。

その2 データの質の問題

先ほどの話の続きですが、三万件のデータがあると言っても、データがあるだけでは意味がありません。

正しい手法で集められたデータである必要があります。

例えばこれまた人口比の例で恐縮ですが、世界の宗教の信者さんの比率を調べます!という際に、イランだけで調査をしても正しい結果は出ないでしょう。

また、町内の男女比を調べるために、町にある女子校からサンプリング調査をしたら、結果はどうなるでしょうか。

この「まんべんなくサンプルを集める」というのは、占い師の実務から考えると、非常に難しいと思います。

例えば、私の所に来られる鑑定のお客さんは、経済的に余裕のある人が多い、という偏り方をしています。

なぜなら、鑑定料金が高いから。当たり前の話です。

経済的に余裕のある人が早く結婚するのは、これはもう各種の統計調査が明らかにしている通りです。

ここからサンプルを引っ張って「結婚の時期を当てる」という理論を成り立たせたとしても、普遍的とは言い難いでしょう。

korea1111p04

そして、普遍的にデータが取れたとしても、データの定義の問題があります。

話をまたまた宗教の信者数に戻しますが、「どこそこの何パーセントは何教で、何パーセントが何教の信者か」という比率を調べるとなると、そもそも論として「信者の定義って何?」という大問題をクリアしなくてはなりません。

洗礼を受けたら信者なのか、神社にお参りしたら信者なのか…誰がどの基準です決めれば、納得がいく体裁になるのでしょうか。

「国内の宗教団体が発表している信者数を合計したら2億人になった」みたいな話はよく聞きますよね。

調査対象をどう分類するか、その属性を明確に定義して、幅広く、まんべんなくサンプルを集めなくてはなりません。

これを占いに当てはめると「病気をするっていうのはどの範囲からどの範囲まで?風邪とか深爪は?」といったような問題になるでしょうか。

結婚等の時期の占いにしても、結婚を決意した時期が出ているのか、結婚式の日が出ているのか、戸籍を換えた日が出ているのか…死期にしても、脳死はどう扱うのか…。

保険の数理調査なら「はい死にました、と医者が決めた日を使います」で済みますが、死期を当てる占いでは、そんなわけにもいかないでしょう。

理由その3 分析手法そのものにも問題がある

「三万人鑑定したから統計的にわかってるんだ俺は」という占い師の例を出しましたが、ここまで見てきたように、統計を名乗るのであれば、三万件のデータはバラツキなく正しい手法でサンプリングされ、前提条件たる事象の発生の定義が明確になされ、データ量自体も統計解析に耐えるものでなくてはなりません。

これだけでも正直しんどいと思うのですが、分析・解析手法そのものにも課題があります。

当たり前の話ですが、全てのデータに、全て同じ占法を使って、同じロジックで、全て機械的に鑑定を進めた結果として記録し続けなくてはなりません。

「○○さんだけ断易や人相も使って鑑定しました」ということは許されません。

データを集めている最中、その占い師さんは進歩しても、退歩してもいけないのです。果たして、実務上そんなことが可能でしょうか?

korea1111p02

とはいえ、「データ自体の正しさ」という問題をクリアしていれば、バースデータと(当てたい事象をはっきりと追跡調査した)顧客データを三万件使って、四柱推命の特定のロジックで、特定の事象が起こる年を、前後xヶ月の範疇まで絞ることができた…という作業は可能かもしれません。

これは逆に是非、沢山の鑑定をこなしている先生方にチャレンジしてほしい課題だと思います。

しかしながら、解析のロジックもそのものを「日干が身強で…」という複雑なものにするのであれば、透派なみにシステマチックに力量判断のロジックを作るところから始めねばならず、またデータの質という点からは、三柱推命と四柱推命は厳然と区別する必要があります。

なので、使えて日干支だとか、月令が財もしくは官であるだとか、鑑定ロジックそのものが低い次元に収まりそうではあります。

これはこれで、実務的ではありませんね。

言えたとして「占いは経験則」くらいでは

結論として、占いを統計学として扱うのは非常にハードルが高く、「統計的なもの」「経験則」と言うのが精一杯ではないかと思います。

過去には「統計でわかる四柱推命」的な本が出ていたりもしましたが、

統計を標榜して、なおかつキチンとした調査・分析を行っているという本や研究者は、小生の知る限りにおいてはありません。

かなーーーーり昔にヨーロッパで

「惑星の配置が地球上の微粒物質に影響するのか→おっ影響したやんけ!天体は人体に影響がある!→ということは占星術も影響がある!」

といった研究はあったのですが、これはさすがに占いそのものの研究とは言えませんね。

むしろ、インターネットで簡単にデータを集められ、パソコンで解析が可能になった昨今の占い業界の、楽しみな今後のテーマという気がします。

というわけで「占いは統計学」と言う占い師を見つけたら、ちょっと統計に対する意識が薄いか、もしくは本当に凄い統計学の素養がある実践家のどちらか、とお考え頂くのが良いと思います。