ライトなファンに賭ける占いコンテンツ業界

お友達にも教えてあげてください!

メディア工房が経常赤字に転落

占いコンテンツ開発で有名なメディア工房が四半期報告書を開示しました。売上高が18億から14億に大幅ダウン、約2400万円の経常赤字に転落したようです。

メディア工房

赤字規模は小さなものですし、純資産額も十分にありますので、経営危機だとか、四の五の言うレベルではないと思います。もっと言えば、前期が良すぎたのかもしれません。

しかしIR資料を見ると「スマホ移行が進んだ」「会員数が減った」「異分野への先行投資が嵩んだ」的な内容が並んでおり、少し前のGREEや赤字に苦しむソシャゲ各社の決算短信とそっくりになっているのが気にかかります。

期待のゲーム事業も未だに一本立ちできず

メディア工房はゲームコンテンツの開発も行っています。しかしながら、売上高は伸びているものの絶対的な金額が小さく、営業損失も拡大しています。

つまるところ、占いがジリ貧で大ヒットに恵まれず、ソシャゲや新規事業も当たらないという状態が続いているわけです。



投資家としてはソシャゲで一発当ててほしいところですが、ソシャゲ専業のメーカーが血反吐を吐くような戦いをしているところに入っていって勝てるのかというのと、それならメディア工房でなくソシャゲ株を買えばええやんけということで、あまり食指が動きませんね。

ライトな占いファンが育つかが鍵

本業の占いコンテンツもライトユーザー向けのプロダクトを重点的に投入して巻き返しを図っています。ライトなコンテンツで十分な課金収入や広告収入が得られるのか、今後が気になるところです。