台湾の包丁マッサージ(刀療)は占いの館と整体屋の超進化形

お友達にも教えてあげてください!

本場・台湾の包丁マッサージはこんな感じ

少し前に「大久保で刀療(包丁マッサージ)が受けられるよ」という記事をポストしましたが、台湾で撮ってきた刀療店の写真が出てきましたので、本場・台湾現地の様子をご紹介します。

刀療(包丁マッサージ)は占いと整体の進化形

この刀療(包丁マッサージ)、台湾では本当にあちこちで見かけます。商店街やショッピングモール、はたまた駅の中。

刀療(包丁マッサージ)の外観

この写真は確か、台北市内にある龍山寺駅の地下街だったかと思います。手前が占いコーナーになっており、奥のほうが刀療(包丁マッサージ)ゾーンです。左手前の旗には「鐘・学会タロット」と書いてあります。机の真ん中には羅盤もありますね。ここだけで小さな占いの館のようになっています。

刀療(包丁マッサージ)の価格は2500円くらいから

刀療(包丁マッサージ)の価格

物珍しげに写真を撮っていたら、店のおばちゃんが日本人向けの価格表を出してくれました。今では価格が変わっているかもしれませんが、全身45分で880元、日本円で2500円くらいですね。日本で整体を受けるより高いのです。そして「霊魂」「霊的要因」「宇宙陰陽棒」「宇宙乾坤棒」といった、よくわからない言葉が出てきます。

占い自体はタダ?

taiwan010

「整体店と占いの館のハイブリット進化形」というのが刀療(包丁マッサージ)なのですが、占い用のテーブルはこんな感じです。手前に鑑定項目のリストのようなものがあり、いずれも「入会会員は五大の免費(タダ)特典が受けられる」と書いてあります。要するに占いは、刀療(包丁マッサージ)のロイヤルカスタマーを育成するためのサービスなのでしょう。

taiwan011

こちらが実際の鑑定の様子。垂れ幕には「刀療(包丁マッサージ)が最高に気持ちいい」「タロットの大先生」といった内容が書かれています。が、この占いはタロットではなくオバちゃんが羅盤を触りながら相手に気を送る?ような内容で、傍から見ていても全然ロジックがわかりませんでした。

写真を撮っていたら「お兄ちゃんもやらへんか」的なことを言われたのですが、小生の中国語スキルでは乾坤棒とか宇宙とか言われても全く理解できそうにないので、丁重にお断りしました。ちょっともったいなかった。

そんなわけで、日本で東洋占術をやっている人からすると怪しさ満点のサービスなのですが、鑑定に訪れるのは観光客ではなく地元の人ばかり。また男性客も多いのです。もしかすると、台湾では結構信頼されているサービスなのかもしれません。

鑑定自体は日本語が通じるとは思えませんが、刀療(包丁マッサージ)は中国語がわからなくても問題なく受けられるでしょう。台湾を訪問されたらぜひ、試してみたいサービスの一つですね。