競馬用にユニバーサル・ウェイトのタロットデッキを購入

お友達にも教えてあげてください!

競馬場に持っていくタロットカードはどれがよい?

先日、大井競馬場のダイヤモンドターンで「占い師競馬会」をやりました。要するに、占い師仲間で集まって、占いで馬券を買ってみようという会です。

そこで「タロットと競馬の相性はかなりよいのではないか」という話になり、個人的に継続研究するため、競馬場に持っていくのにピッタリな、持ち運びしやすい、小さいポケット版のタロットデッキを買うことにしました。

「ライダーウェイト」のミニチュア版を持っていったが…

前述の「占い師競馬会」には、ライダーウェイトのミニチュア版を持っていきました。

とにかくコンパクトなため、競馬新聞の上など、小さな机の上でもスプレッドが作りやすいのがいいところです。

しかし紙質がイマイチですぐにベロベロになりそうなのと、ケースの強度が全然なく、数回持ち運びをしただけで、蓋がとれそうになっています。

そんなわけで、そこそこ小さくて、持ち運びがしやすく、紙質もいいカードを探してみました。

ユニバーサル・ウェイトのポケット版を買ってみた

Amazonを血眼になって探したところ、よさそうなものを見つけました。ユニバーサル・ウェイト・タロットデッキのポケット版です。

ユニバーサル・ウェイト自体は愛好者が多く、小生も何度か見たことがあるのですが、ポケット版はどうでしょうか。

印刷はまあまあきれい、ですね。Amazonのレビューでは汚れているとボロクソだったのですが、これはカードの裏面のインクが移ってしまっているか、カスレているかだと思います。

個人的には、それほどの汚れだとも思えませんし、使っていれば似たような状態になってくると思うので、良しとします。

カスレはこの写真がわかりやすいですね。魔術師の肩の上あたりに、小さなモヤモヤがあるのがわかると思います。

というわけで、カードの版面に関しては一線級とは言えませんが、紙質は上々です。

ちゃんとマットコートがかかっているので、滑りもいいです。これはライダーウェイトのミニチュア版より断然好みですね。

ライダーウェイトのミニチュア版は持ち運びが不安だったのですが、こちらはかなり強固な紙製のケースがついているため、ここは満点を上げたいと思います。

ライダーより二回りほど大きくなってしまいましたが、それでも競馬上の指定席とかなら、それほど無理なく展開できるのではないでしょうか。

というわけで、今日は船橋競馬場に行ってきます。

肝心の研究成果自体は、またいずれどこかで…笑