六星占術・天王星人の運命(2018年対応版)

お友達にも教えてあげてください!

六星占術でいう「天王星人」ってどんな人?

このページでは、細木数子さんが六星占術で言う「天王星人」が、どういった運勢を辿るか、どういった人物であるかを解説してゆきます。
2017年の運勢も、これを基準に考えてください。

細木数子さんは、運命星ごとに「性格、運勢、適正がわかる」と書いており、その内容についても、プロ占い師の視点を取り混ぜつつ、解説していきます。

六星占術自体についての解説は 15分で学べる!細木数子さんの六星占術と大殺界理論【2018年対応】 をどうぞ。

(出典・参考文献…「大殺界の乗りきり方―宿命から立命へ (ノン・ブック) 」細木数子・祥伝社・平成16年、「宿命から立命へ 大殺界の乗り切り方」細木数子・祥伝社・昭和61年)

六星占術による天王星人の運命〈平成30年版〉 (ワニ文庫)

天王星人のキーワードは「現実主義者だが、情に厚い」

天王星人は「人間好きで情に厚い現実主義者」と、細木数子さんは著書で述べています。
物質最優先、とにかくモノ・カネを重視するところと、人間好きで人情に厚いところが同居している、やや二面性のある星のようです。

とはいえ、基本的に人を愛し、楽天的で、笑いを好むタイプで、人間的な厚みを感じさせる星です。
しかし、悪い方に出ると「いい加減」「ルーズ」といった意味が出てきます。他の人からも、そう見えているのではないでしょうか?

四柱推命や紫微斗数では、同じ星でも状態や位置によって、その解釈を変えます。
天王星人に関して言えば、例えば状態の良いときは「人間好き」となりますが、不安定な時は「感情的で計算が出来ず、また優柔不断な面も出る」となります。
六星占術がいまひとつ当たっていないな、という時は、ご自身の性格を良く考えて、自身の状態が「良い方に出ているか、悪い方に出ているか」を考えてみてください。




天王星人の結婚運・恋愛運・仕事運・適職について

天王星人は人間好きが幸いしてか、とにかく愛情に恵まれ、よい相手と引き合わされる運命にあります。
しかし、優柔不断さや、物質面に対する執着が時に首をもたげ、トラブルを起こす可能性が出てきます。

人間好き、人付き合いが好き、という点を活かして、接客業や、一対多数で行う仕事に適性があります。
例えば、教師、セールスマン、広告関係、メディア関係などに向くでしょう。
また保育士などにも適性がありそうです。

天王星人との相性占い

天王星人は金星人・木星人と飛び抜けて相性がよく、そのほかは普通か、普通よりも少し弱い程度です。

六星占術による天王星人の運命

15分で学べる!細木数子さんの六星占術と大殺界理論【2018年対応】

六星占術の仕組み、成り立ち、裏事情については15分で学べる!細木数子さんの六星占術と大殺界理論【2018年対応】をご覧ください。

土星人~水星人&霊合星人の解説と相性

土星人の運命と運勢金星人の運命と運勢火星人の運命と運勢天王星人の運命と運勢木星人の運命と運勢水星人の運命と運勢霊合星人の運命と運勢

種子~減退の運命周期の解説

種子緑生立花健弱達成乱気再会財成安定陰影停止減退など、運命周期の解説は「細木数子さんの六星占術・運命周期の解説」をどうぞ。