日本語完璧!香港のカード占い師・ルタオさんに鑑定してもらった

お友達にも教えてあげてください!

香港の占い師・ルタオさんの鑑定を受けてきた

仕事だ競馬だで野暮用があり、ちょっと香港へ行っていました。
来るたびに人が増え、店も通りもせわしなくなっている気がしますが、香港の友人たちは相変わらずジェントルで優しいですね。

そんなこんなで一通り用事を済ませたあと、以前に「一度お会いしましょう」とお便りを頂いていた香港のカード占い師・ルタオさんにお会いしてきました!




ルタオさんの鑑定室にお邪魔する

というわけで、コーズウェイベイ駅から歩いて少しのところにある、ルタオさんの自宅兼鑑定室にお邪魔します。

築古のマンションでエレベーターがなく、女性のお客様には怒られるのですが…とルタオさんは恐縮していましたが、到着してみてビックリ。廊下が花や植木で飾られ、ちょっとしたガーデニング空間になっていました。

都市の風が吹き抜けてきて、映画のワンシーンに入りこんだような気分です。
6Fまで階段を登るのはたしかに少し大変でしたが、この風景で疲れも吹き飛びました。

香港なのにカード占い? 日本語もペラペラ!

というわけで、いよいよ鑑定室にお邪魔します。
暗く落とされた照明、清浄さを感じる空間。
雑多な香港の街中とのギャップも相まって、なんとも言えない不思議さがあります。

こちらが、ルタオさん。
出身は北京で、オーストラリアで師匠について占いを学び、香港で占い師として活躍しているという、ちょっと変わった経歴です。
想像よりも全然お若く、性格も明るいイケメンでした。

日本留学の経験もあるらしく、日本語はペラペラ。
ほぼネイティブレベルで、日本に定住している外国人より、かなりうまいと思います。
これなら、鑑定の際に細かなニュアンスを伝えても、意思疎通に齟齬は起きないでしょう。

それにしても、香港といえば風水や四柱推命、紫微斗数などの中国占術がついて浮かんでしまいますが、カード占いとは珍しいですね!

オリジナルのカードを使ったリーディング

カード占いをしていると聞いていたので、てっきりタロット占いだと思っていたのですが、なんとタロットとは全く違う、オリジナルのカードを用いた占いなのだそうです。

カードシステム自体はオーストラリア時代の師匠に教わったものですが、自分のインスピレーションをうまく引き出せるよう、デザイナーに頼んでオリジナルでイラストを起こしてもらい、新たにカードを作り直したそうです。

また、カードシステムにもいくつか種類があり、通常のタロットや、神話をモチーフにしたようなものもありました。コレクションや作品をあれこせ見せてもらったのですが、本当に飽きませんね。

そして、上の写真の手前に写っているライトにも注目。
蛇腹をたたむと、なんと本の形になります。

これはアメリカのルミオというブランドというブランドのもので、ルタオさんが独自にカスタムしてもらったとか。
細やかなセンスに驚くばかりですが、それだけに繊細な鑑定が受けられそうですね。




自分の仕事と会社について聞いてみた

簡単な鑑定を受けてみますか、というルタオさんのご好意に甘えて、悩み相談をさせていただくことにしました。

何を聞こうか迷ったのですが、やはりいちばん切実な問題で、ということで、自分自身の会社経営について聞いてみます。

ありきたりで恐縮ですが、

「会社を経営しているが、うちは五年後、十年後、どうなっているでしょうか」

といった質問です。

「カード占いなのでロングスパンではなく、短い期間について見てみますが…」

という前置きがあり(ロングスパンのものは占星術など他の占いも併用するようです)、精神を統一し、神様に祈りを捧げ、水晶でカードを清めてから、リーディングが始まります。

まったく知らないカードシステムなので、どこをどう読んだのかはサッパリわからないのですが、

「儲かっているが停滞している」
「新たな展開がなく、足踏み状態」
「ここ数年はこういう推移」
「こういう心境になっていると思うが…」

と会社の現状、そして経営者である自分の心の中を、優しい言葉ながらも、ズバリと指摘されます。

あまりに切れ味がよいのですが、先述のように私がまったく知らないカードシステムのため、どうしてこのカードからそういう結論が出てくるのか、見ていてもさっぱりわかりません。
そこでカードの読み方について質問すると、

「このカードからは、この部分から、こういう意味を読み取りました。そこからこのカードが出ましたので、こういう推移で、こういう背景で、そして将来はこうなります」

と、理路整然と答えてくれました。
説明が簡潔でわかりやすいというのもあるのですが、たしかに納得の行くリーディングと論理展開でした。

鑑定結果自体は「あなたの会社は総じて心配ない」というもので、当たりはずれがわかるのは当分先になりますが、個人的には、これは当たるだろうという予感がします。安心しました。

お客さんは女性が多いそうで、普段は主に恋愛相談や自己開発などの相談を受けているようですが、ルタオさんはビジネスマンとしても活躍しており、会社経営や仕事関連のアドバイスもかなり的確で、具体的なものが貰えるようです。

日本の占いではあまり体験できない、理路整然としたロジカルなリーディングは、とても安心感のあるものです。そして見たことのないカードシステムも新鮮でした。旅行者の方だけではなく、香港駐在の日本人ビジネスマンなどにも、オススメしたいですね。




鑑定は土日祝だけ

先述のように、ルタオさんはビジネスマンとしても活動しており、鑑定は土日祝日のみ行っているそうです。平日も時間があるなら受けられるそうですが、基本的に夜になるとのこと。

鑑定を受けたい場合はどうすればいいですか、と聞いたところ、サイトがあるのでそこから申し込んでください、と言われました。

ルタオさんのホームページ
http://www.thehealingkingdom.com/Default.aspx

料金は40分で600香港ドル(1万円くらい)と、香港や台湾の自宅鑑定としては標準的なお値段です。
鑑定は私も訪問した、コーズウェイベイ駅から少し歩いたところにある、ルタオさんの自宅兼オフィスにてとなります。

ちなみに日本語のほかに、英語、広東語(ヒアリングだけ)、北京官話ができるということで、外国人の友だちと訪問しても、まったく問題ないと思います。

後から調べたらけっこうな有名人だった

あとから記事を書くために色々調べてみたのですが、ルタオさんはタイムアウトや邦字誌などで何度も採り上げられている、けっこうな有名人のようでした。

媒体が媒体なので、おそらく香港を訪れる欧米人や、日本人駐在員の奥さんくらいにしか知られていないと思うのですが、美食と開運の女子旅などを組み立てて、訪問するのもいいと思います!

おことわり

このページはパブリシティー記事ではなく、対価も貰っていません。鑑定の取次などは当方では一切しておりませんので、質問がある方は、ルタオさんに直接お願いします。

世界の占い師めぐり香港編 記事一覧