台湾・台北で占い三昧!(4)~占い専門書店「進源書局」へ

お友達にも教えてあげてください!

台湾一の占術専門書店「進源書局」お買い物ガイド

アジアNo1、いや世界No1の占いシティかもしれない台北だけに、占いの本は街中の書店でも豊富に扱われています。
が、せっかく台北まで来たのですから、占い専門の書店でマニアックな専門書や、占いグッズを買いたいですよね!

「進源書局」

というわけで、台北一の占い専門書店「進源書局」に向かうことにしました。
午前の紫微斗数鑑定を済ませた後、MRTで龍山寺へと向かいます。




華西街観光夜市にある「進源書局」に到着!

龍山寺駅の出口から5分ほど歩くと、華西街観光夜市のアーケードにぶち当たります。
進源書局はそのアーケードの中にあります。

華西街観光夜市にある「進源書局」

店自体は大きいのですが、入り口が小さいので見逃しがちです。
華西街観光夜市の龍山寺側アーケードに向かって右手にありますので、「進源」の文字を探して、注意して歩いてください。
アーケード内の店舗番号と、店舗の住所番号が異なるので、住所で見ていると探すとかえってわかりません。

紫微斗数の本がとにかく充実

進源書局の店内に入ると、とにかく占い本の山、山、山。
そこかしこに本が積まれています。

日本の原書房の1.5倍ほどの広さですが、古本はなく全部現在刊行中の新本。
新本だけでこの量です。奥には占いソフトのコーナーもあったりで、マニアック度は日本の比ではありません。

r0010784

四柱推命(八字)、断易、風水などのメジャーな占いから、六壬や養生法についての本も豊富に揃えられていますが、特に驚いたのが紫微斗数のコーナー。
本の種類がとにかく多く、本棚2棹くらいが全て紫微になっています。
東海林秀樹先生の言う「台湾は紫微のほうが優勢」というのもうなずけます。

斗数は本の種類も凄いです。
入門書から研究書、そして日本では考えられませんが、星ごとの解説本まで出ています(写真)。

r0010783

本の価格は1NT$300~500程度がメインです。
日本円で900円から1500円程度で、かなりハイレベルな研究書が買えてしまいます。
日本国内で買う半値から三分の一ですので、進源書局さまさまですね。
買いすぎに注意してください(笑)

そして最近は進源書局オリジナルの占い本が多数出されており、それぞれ評判が良いようです。
みなさんの学ばれている流派に合わせて、よい本を買って帰って下さいね。

本の値段は裏表紙のバーコードをチェック!

本の価格は特に書かれていませんので、裏表紙のバーコード欄右端にある3桁の数字で確認してください。

進源書局には占いグッズもたくさんあります

また本のほかに、占いグッズも大量に置いてあります。
羅盤は豊富に種類がありますので、学ばれている流派に合わせて、好みのサイズを選ぶことができます。お値段もお手頃です。

風水グッズは少し物足りないのですが、五帝銭がNT$350と、日本国内で買うより全然安いと思います(ただし、コインはレプリカです)。
また断易用のさいころが激安で、ワンセットNT$150ほどなので、いくつか買って帰って神蓍を自作してもいいでしょう。

r0010792

というわけで、占いファンにとっての夢の国、「進源書局」でのお買い物はこれで終了!
買い込んだグッズと本をホテルに置いて、これまたタクシーをすっ飛ばして、次の鑑定先・楊老師のところへ向かいます…。

進源書局

台北市華西街61之1號(夜市の店番号とは違いますので注意)
営業時間 10:00~22:00 年中無休

台湾編