占い師の考える本物の相性占い

相性占いを使いこなすのは「お客さん」

世間一般の相性占いは、意味のない占いです…と断言しても大言壮語では無いと思います。
なぜなら、相性占いで相性が良いか悪いか解ったところで、意中の相手と結ばれるとは限らないからです。相性占いを求めるクライアント(お客様)が知りたいことは、単なる「人間としての相性」ではなく「結ばれる可能性があるかどうか、この相手と一緒にいて幸せになれるかどうか」でしょうし、そうでなくては好意のベクトルが無味乾燥な情報として出てくるだけで、実りがあるとは思えないのです。




占い師の考える本物の相性占い

そもそも相手と結ばれるかどうかを「相性占い」と定義すること自体が(現実的には)間違いで、既婚者や現在の恋人との将来を考えるために「相性占い」を行う…というのが「ほんとう」のありかたではないでしょうか。
好きな相手と結ばれるか…という悩みがあれば、ストレートに占い師に「好きな相手と結ばれるでしょうか」と鑑定を頼むべきで、もっと言えば相性が良くても結ばれないケースだって多々あるように思います。相性の良い相手と結ばれたとしても、幸せでない可能性もあります。ウィンザー公とシンプソン夫人のように、二人の間に横たわる困難や、社会的障害を乗り切れる人間は少数はではないかと思うのです。

大久保占い研究室・田中の自己紹介

少年時代から四柱推命・紫微斗数・周易・奇門遁甲などの東洋占術を愛好。立教大学大学院(経営管理学)卒業後、占いを本業の会社経営や競走馬の保有、そして日々の暮らしに活かすべく、細く長くのんべんだらりと学習を続けている。台湾の紫微斗数界や香港の若手占い師たちと交友があり、占いを通じた国際親善がライフワーク。詳しくは田中のプロフイールからどうぞ。

タロット占いはいかがですか

恋愛運や仕事運について知りたい、何かを決断したい、そういうご要望はありませんか。迷ったときは当たると評判の、無料タロット占いをお試しください。
大久保占い研究室
タイトルとURLをコピーしました