ダウジング超入門講座

お友達にも教えてあげてください!

ダウジングがどんなものか5分でわかっていただきます!

ダウジングは歴史も古く、また奥も深い推測術(あえて占いとは書きません)ですが、難しい理屈を省いて超カンタンに説明すると「ペンデュラムを指先から垂らして、その動き方を見て、自分の知りたいことを当てる」というものです。
こう書くと、案外やれそうではないでしょうか?

ペンデュラムというのは、上の写真にある振り子のようなものです。
紐の部分は糸であったり、チェーンであったりと、バリエーションがあります。
振り子そのものの材質も、多種多様です。このあたりは後述します。

ダウジングでわかること

ダウジングでは、どういったことがわかるのでしょうか。
定番は「無くした携帯は私の部屋にありますか」「彼は私の告白に答えてくれますか」といった、イエス・ノーで答えられるシンプルな質問です。
それが上級者になると、数字や方位を当てたりすることができます。地面に埋まっている水道管を探したりと、にわかには信じられないようなことも可能になります。
ここは超入門講座ですので、ペンデュラムを使ったイエス・ノー式のダウジングのやり方に絞って、超カンタンに説明します。




本格的に興味が出た人は、書籍をお買い上げいただくなり、お近くの日本ダウジング協会日本ダウザー協会のセミナーに出るなり、(小生のダウジングの師匠である)CHAZZ先生に教えてもらうなりしてくださいね。
CHAZZ先生は個人教授もしていますが、人数を集めればセミナーもアレンジしてくれます。

まずはダウジング用のペンデュラムを選ぶ

さて、まずはダウジング用の道具を買いましょう。
このコーナーは入門編なので、ダウジングロッドではなく、ペンデュラム(上の写真のペンダントのようなもの)を使います。

ペンデュラムには色々と材質があります。

真鍮製がよいだの、パワーストーン製がよいだのと、人によって意見はマチマチですが、最終的には「アレコレ試して、自分に一番しっくりくるもの」に落ち着くと思います。なので、はじめはAmazonで、手頃な価格のものをお買い上げになれば良いでしょう。

お値段も千円から一万円くらいとピンキリです。
小生は競馬予想にダウジングを使うので、日本ダウザー協会の「エクスカリバーペンデュラム」という、八千円くらいする特殊(かなり反応が敏感)なものを使っています。

ペンデュラムの持ち方を学ぶ

ペンデュラムが届いたら、手に持ってみましょう。
実は、ペンデュラムには持ち方があります。まず、糸(チェーン)は長すぎても、短すぎてもいけません。
手の大きさにもよりますが、だいたいペンデュラムの紐の付け根から、15cmくらいのところを持てばよいでしょう。

紐で垂らすタイプのペンデュラムであれば、下の写真のように、糸にボールがついているはずです。ボールの位置を、いつも自分が持つ位置に合わせておくと、なにかと便利でしょう。

そして、持つときに糸やチェーンがねじれていると、特定の方向に回りやすくなります。
必ず水平・垂直に、ねじれなく持ってください。
ボール付きのペンデュラムであれば、ボール部分を左右からつまむように持てば、カンタンです。

水平・垂直を保つという意味では、金属製のチェーンはやや慣れが必要ですので、どちらかというと、紐のついたペンデュラムのほうが初心者向けかもしれませんね。

ペンデュラムの零点補正をする

ダウジングはペンデュラムの動き方で答えを得るものです。
ところが面白いことに、人によって動き方が全然違うのです。

ペンデュラムを垂らし、精神を集中させ、知りたいことを心のなかで問いかけると、だいたいの人は「質問に対して左(反時計回り)に回ったらノー、右(時計回り)に回ったらイエス」というパターンで、ペンデュラムが動きます。

ところが、人によっては「前後(イエス)・左右(ノー)」に振れたり、左右逆の回り方(反時計回りでイエス、時計回りでノー)をする方もいます。

まずは簡単な質問を繰り返して、イエスのときはこういう動き、ノーの時はこういう動きと、自分なりの動き方を掴んでみてください。




実際に鑑定をしてみる

準備ができたら、実際に鑑定をしてみましょう。
基本的には上に書いたとおり、鑑定したいことを念じながら、ペンデュラムがどう動くかを観察するだけです。
そしてこれは個人的な意見なのですが、ダウジングは当たる時と当たらない時で、手応えが全然違います。

わからないものはわからないと、さじを投げるのも大事だと思います。
ペンデュラムが動くまで待っていたら、まあ、そりゃいつかは動きますので…。

競馬や競輪で練習してみよう!

これまた個人的な話で恐縮ですが、私はダウジングの練習を競馬場や競輪場でやっています。

おかげ様て三連複を一点買いで取れたり、馬連を一点買いで取れたりと、うまくハマるようになってきました。

私もまだまだ初心者ですので、学習と練習を積み重ねて、ダウジングを楽しく生活に活かせるようにしたいと考えています。

みなさん、ご一緒に勉強しましょう!

お友達にも教えてあげてください!

タロット占いはいかがですか

恋愛運や仕事運、決断したいあれこれ。迷ったときに手軽に使える、自動タロット占いもどうぞ。

大久保占い研究室・田中の自己紹介

占い愛好家。立教大学大学院卒・経営管理学修士(MBA)。
四柱推命、紫微斗数、周易、奇門遁甲と、10代のころから東洋占術の研究を始め、気がつけばもう20年経ちました。詳しくは田中のプロフイールからどうぞ。