雑談・自己紹介

お友達にも教えてあげてください!

このトピックには406件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。1 日、 2 時間前 sadagawa さんが最後の更新を行いました。

7件の投稿を表示中 - 401 - 407件目 (全407件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #4526 返信

    sadagawa

    こんにちは

    すすめられて買った、鏡リュウジ先生の「占星術の文化誌」、読み終えました。すごい本、でした。

    タロットを習いはじめたとき、東洋の占いを、知ることができると、「東洋占術の本」という、ムックを貸してもらいました。
    でも、くわしい説明もあったり、簡単な説明もあったり、よくわかりませんでした。
    もし、鏡リュウジ先生の本のような、「東洋占術の文化誌」だったら、違ったとおもいます。
    そんな東洋占術の本、教えてください。

    「東洋占術の本」を貸してくれた人が、黒門先生の新しい奇門占いの本と、照葉先生の四柱推命の本、ベタほめ、でした
    かりに、別の人が、奇門占いの本を出版するとすれば、数年は期間をあけるか、別の流派だとか、秘技大公開みたいな、そんなことが、必要になるそうです。

    #4549 返信

    sadagawa

    東洋占術の本を借りたとき、よく読まないで、フリガナを見ないで、話をして、アホにされました。

    一白 → イチシロ  二黒 → ニグロ

    こんな漢字の、この独特の読み方、江戸時代とかに、決まったものなのですか?

    #4550 返信

    sadagawa

    こんにちは

    わたしのタロット教室の先生、定年前は、農学部の先生だった人で、土壌改良の研究をしていたそうです。占いと農業、ふしぎな関係ですね。

    横浜に住んでいたころ、近くに、親子二代の、星占い師さんがいて、その息子さんと話すようになり、星占いを知ったそうです。

    関西に移ってからは、普通の星占いだけでなく、インドや、ドイツの星占いも知っている、とってもユニークな星占い師さんに、出会ったそうです。その人のサークルの人たちから、タロットをならったそうです。

    当たったことも、はずれたことも話す、楽しい教室なので、わたしでも、なんとかなっています。先生の、むかしのお仲間の、中国学という分野の先生が、近いうちに、遊びに来るそうで、東洋の占い関連のお話しを、聞けそうで楽しみです。

    #4556 返信

    sadagawa

    こんにちは

    むかしの大坂のことが、なつかしく書かれている、そんなことを聞いて、庄野潤三さんの「水の都」を読みました。

    インタビュー小説なのですが、易者さんのことが、さりげなく書かれています。縁談に関しての内容です。むかしの易者さんは、人生の、すぐ横にいて、重要なことをしていたのに、少しおどろき、感心もしました。

    #4567 返信

    sadagawa

    こんにちは

    古都への旅行をしました。占い本もとりあつかっている、いくつかの古本屋さんに、はじめて、連れていってもらいました。宗教の本の多いお店もあり、独特の雰囲気でした。

    本のタイトル、著者の名前、どれもが、漢字ばかりで、四角くて、ゴツゴツした、そんな感じの本ばかりでした。ほとんどが、専門書だそうです。むかしの易者さんは、みんな雅号をつかったのですね。

    易者さんの名前も、出版社名も、はじめて見るものばかりでした。本の値段の高さにも、おどろきました。占いの専門書は、大部分が個人出版で、部数も少ないことを、あとで教わりました。

    黒門先生や、照葉先生の本の、出版社さんの本も、ありました。専門書の会社、だったのですね。ようやく、見たことのある、お名前があった感じです。

    少し前までは、ふつうの出版社さんでも、占いの専門書を、発行したことが、あったそうです。でも最近は、鏡先生や、松村先生の本を、刊行している出版社さんなど、その数も限られており、占い専門書は、やはり個人出版がメインに、なるかもしれないと、話していました。

    #4571 返信

    sadagawa

    こんにちは

    タロット教室の先生が、不思議な本を見せてくれました。

    室町京之介著、「香具師の口上集」正・続、というものです。
    あの、フーテンの寅さんの名調子は、「十二支口上」というもので、とても面白い内容でした。

    #4572 返信

    sadagawa

    こんにちは

    タロット教室といっても、飲み物や、お菓子代に、トイレ使用料を、合計したような料金で、月に2度の、参加自由のサークルなので、先生が趣味で、やっているのかもかもしれません。

    持っている、タロットの本も6冊、マルシア先生、鏡先生、井上先生、藤森先生などの本ですが、完全には読んでいません。でも、どれもタロットの、いろいろなことがわかる、楽しい本です。

    たまに参加する、東洋占いの人の話を聞くと、東洋の占いは、キツイ、厳しい、そんなイメージです。悪いことになる、こうなるから、こうしないと絶対にダメ、そんな感じです。

    タロット教室の先生によると、西洋占星術には、星は誘うが、強制はしない、という言葉があるそうです。こうなりやすいから、注意して、そんなふうに感じます。西洋と、東洋の違いでしょうか。

    そういえば、この前のお店ですが、おじいさんが、最近の占い本は、いい言葉が見えない、と言っていました。文化的な価値が、あまり認められていない、占いの本だからこそ、心をつくような言葉が、必要なのだそうです。東洋占いは、人生訓が、必要なのでしょうか。

    新しい本の、黒門先生、照葉先生、東海林先生の本など、名前を知っている本のことを聞くと、機会さえあれば、すぐ仕入れの、リストの本のようでした。

7件の投稿を表示中 - 401 - 407件目 (全407件中)
返信先: 雑談・自己紹介
あなたの情報:




67 + = 74


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">