2019年のかに座(蟹座)の運勢…役割を果たす年

西洋占星術で占う、2019年のかに座(蟹座)の運勢

かに座(蟹座、Cancer)西洋占星術、いわゆる星占いで鑑定した、かに座の方の2019年の運勢です。
星座そのものの基本的性質と、2019年の全体運・仕事運・恋愛運を細かく鑑定していきます。
かに座は漢字で「蟹座」、英語では「Cancer」(キャンサー)と書きます。
かに座はおおむね、6月22日から7月22生まれの方です。

さそり座(蠍座)の季節

2019年・かに座(蟹座)の総合運

まずは2019年の、かに座の方の総合的な運勢を解説します。

かに座の2019年は、自分の意志を押し通すより、周りから求められる役割を果たすよう努めましょう。
何をすればよいかは感覚的にわかるはずですが、期待値が高いと感じるかも。あまり力まないで自然体でいるのがコツです。
頼まれたことは基本的にえり好みせず、受け入れた方がよさそう。あれこれ自分から手を出すよりも、周囲が何を求めているのか、空気を読んで動いた方が結果的にうまくいきます。
対人関係では天敵を前に、かたくなな姿勢を変えられません。
自分の話を聞いてほしいなら、相手の話も聞くように。相手がどうであれ、最低限の責任は果たすべき。
また、不毛な関係は清算していい時。自分に害をなす人物は、自然と遠ざかっていくでしょう。



2019年・かに座(蟹座)の仕事運

次は、かに座の方の2019年の仕事運を解説します。

複雑ではないけれど、純粋に量が増えそうです。また「体調管理も仕事のうち」というのを忘れずに。
転職希望の方は、2019年3月までは望まぬ変化に悪戦苦闘。そこを耐えれば動きやすくなるはず。

2019年・かに座(蟹座)の恋愛運

そして、かに座の方の2019年の恋愛運・出会い運を説明します。

なにくれとなく世話を焼くのはいいですが、それが当たり前になったり、おせっかいになったり、自己満足にならないように。
フリーの方、細やかな気づかいやフォローで存在感をアピールしましょう。さりげなくがポイント。

かに座(蟹座)の性格と傾向

最後に、かに座の基本的な性格や性質を解説していきましょう。

蟹座は、弱きを守る姉御肌・兄貴肌タイプの人です。
頼られると「嫌」とは言えず、部下や年下の面倒見がよいのです。
感受性も豊かで、よくもらい泣きをします。
やや人見知りで、お笑いやパーティー好き。
アットホームな包容力が蟹座の魅力です。

西洋占星術で占う 十二星座別・2019年の運勢

鑑定はいかがでしたか。ご自身の星座だけでなく、お友達やご家族の占いもチェックしてみてくださいね。

※西洋占星術で占う2018年の運勢2017年の運勢2016年の運勢も、引き続き公開しています。

西洋占星術鑑定・高遠 明日香(たかとお あすか)

学生時代より西洋史(政治史、文化史、神秘思想史、宗教史など)を学び、その学問としての視点を実用的に生かし、別方面から研究を深めようと占いの世界に入る。西洋思想の精神を尊重しつつ、独自の考えや手法を取り入れた占いのスタイルを日々研鑚中。

西洋占星術鑑定・高遠明日香先生

※仕事や結婚など、個別の事象を精密に鑑定したい方は「無料タロット占い」をどうぞ。
※運勢をおみくじ形式で診断したい方は「無料易占い」をどうぞ。

大久保占い研究室・田中の自己紹介

少年時代から四柱推命・紫微斗数・周易・奇門遁甲などの東洋占術を愛好。立教大学大学院(経営管理学)卒業後、占いを本業の会社経営や競走馬の保有、そして日々の暮らしに活かすべく、細く長くのんべんだらりと学習を続けている。台湾の紫微斗数界や香港の若手占い師たちと交友があり、占いを通じた国際親善がライフワーク。詳しくは田中のプロフイールからどうぞ。

タロット占いはいかがですか

恋愛運や仕事運について知りたい、何かを決断したい、そういうご要望はありませんか。迷ったときは当たると評判の、無料タロット占いをお試しください。
大久保占い研究室
タイトルとURLをコピーしました