どれから学ぶ?東洋占術、西洋占術の向き不向き

お友達にも教えてあげてください!

東洋占術、西洋占術の向き不向きは「象」で決まる?!

紫微斗数実占ハンドブック

「占いをよく知ってるのに鑑定が全然当たらない占い師問題について」というエントリーを書いて、北斗柄先生やヘイズ中村先生にご意見をいただいてフト気がついたのですが、象の取り方には向き不向きがあるように思います。
それも「タロットの象は取れるけど易は取れない」といった具合に、占術単位ではなく、東洋か西洋か、というざっくばらんな単位であることが多いようです。

象の取り方を上達させる方法

個人的には「漢字」を生活でどれだけ使っているかに依るのではないか、と思うのですが、皆様はいかがでしょうか?(漢字をいっぱい知っているか、日本語がきれいか、という意味ではないです。)
そして、普段の生活を通じて「象」の取り方がうまくなる方法があるようにも思っていますので、これもまた書かせていただきたいと思います。

お友達にも教えてあげてください!

タロット占いはいかがですか

恋愛運や仕事運について知りたい、何かを決断したい、そういうご要望はありませんか。迷ったときは当たると評判の、無料タロット占いをお試しください。

大久保占い研究室・田中の自己紹介

少年時代から四柱推命・紫微斗数・周易・奇門遁甲などの東洋占術を愛好。立教大学大学院(経営管理学)卒業後、占いを本業の会社経営や競走馬の保有、そして日々の暮らしに活かすべく、細く長くのんべんだらりと学習を続けている。台湾の紫微斗数界や香港の若手占い師たちと交友があり、占いを通じた国際親善がライフワーク。詳しくは田中のプロフイールからどうぞ。