断易(五行易)とは?

著者・田中(あらいちゅー)の自画像田中(あらいちゅー), 馬主で大家で占い師田中(あらいちゅー) @araichuu Twitter

断易(五行易)占いの解説

大地(易経の坤為地)のような風景

日本で易占いと呼ばれているものは、大きくわけて周易と断易(五行易)のふたつに別れています。この2つは占いとしては親戚のような関係ですが、占い方が全く違います。このページでは、断易(五行易)がどういった占いなのかと、断易でなにを占えるのかを簡単に解説します。

周易とは?

周易の画面

このページは断易(五行易)についての解説ページですが、話の都合上、周易について先に解説します。周易というのは竹ひご(筮竹・ぜいちく)やサイコロを用いて卦を立て、「易経」という本のなかにあるその卦の解説を読み、卦と相談者の現状とを照合して未来を占うものです。出した卦の見た感じは、上記のような図形と難読漢字ばかりの文章が並ぶことになります。

断易(五行易)とは?

断易(五行易)の画面

いっぽう断易(五行易)は、筮竹やサイコロで卦を立てるところまでは同じなのですが、易経をひもときません。得られた易卦に十二支や六獣・六神と呼ばれる神様の名前を割り振って、それぞれの力関係を調べることで占ってゆきます。この際に五行(陰陽五行説でおなじみのあれです)の力量を事細かに調べるため、五行易とも呼ばれています。出した卦の見た感じは上記の通りで、ほぼ漢字の羅列です。

周易と断易(五行易)で何を占える?

周易でも断易(五行易)でも、人事全般、世界中のあらゆることを占えます。

断易(五行易)が周易より有利な点

周易は易経のなかの易卦の解説文をもとに、インスピレーションとロジックを組み合わせて占っていくため、上達するまでは吉凶の決定があやふやになりやすいのが弱点です。その点、断易(五行易)は五行の力量を比べるというロジックで良し悪しを決定するため、吉凶をハッキリと解釈することができます。

また、断易(五行易)は十二支という中国のカレンダーで使われているパーツを用いて占うため、時期の判断(応期と呼ばれます)に優れるといった特徴があり、これは明らかに周易よりも簡明で、よく出来ているシステムだと思います。

断易と周易の違いのまとめ

以上のように、周易と断易(五行易)は親戚ではあるのですが、別の国の生まれなので言葉が通じないし、仕事のやり方もぜんぜん違うんですよ、といったような関係にあります。

少々こじつけにはなりますが、周易はインスピレーションとロジックを両立させた占いで、断易(五行易)はロジックのほうが先行している占いといった具合でしょうか。そのため入門自体は周易のほうが容易だと言われていますが、深奥に至ると断易(五行易)のほうが学びやすいとも言われています。

断易の研究ノート

自分が断易を学習する際に使っている、研究ノートをまとめておきます。同じ初学者の皆様のお役に立てば幸いです。

断易で用神が複数ある場合の優先順位(用神多現・用神両現)
断易で用神多現・用神両現の卦を得た場合 断易は正しい用神を選定することが占いの大前提になっています。ところが困ったことに、得られた卦の中に用神が複数あるケースが多々起こります。これは用神多現と言われている状態で(華語圏のブログを見...

断易の占い師と参考書籍

断易の巨匠と言われれば大石真行先生が思い当たるのですが、残念ながら断易の書籍を出しておられません。しかしお弟子さんの雨宮零先生が大石真行先生監修で説話社から入門書を出版されました。とても良い出来なうえ評判も上々なので、断易に興味のある方は手にとってみてください。

タイトルとURLをコピーしました