メッチャ簡単な「三脈の法」で、いつでもどこでも危険を予知できる?

お友達にも教えてあげてください!

近寄る危険を予測する「三脈の法」の話

「三脈の法」と言う、昔から伝わる?危険予測法があります。
なんだか大変そうな術のように聞こえますが、やりかたは簡単。
頸動脈の脈拍と、手首の脈拍のテンポがずれているかどうか調べるだけです。これで、危機が訪れている兆候があるかどうかを知るのです。
左手で自分の首を絞め、そのまま首の左右の頸動脈を抑えて、右手でその左手を抑えれば測りやすいかと思います。

hongkong1104p05

ポーカーなんかをやっているとわかりますが、自分の気持ちが上すべりしているというか、落ち着いてプレーに集中できていない時ってありますよね。そういう時は脈が乱れているのだと考えると、ゲームから恋愛、仕事まで、この方法は結構使えるかもしれません。

乱れているときはプレイしない。もしくは賭ける額を減らす。
回避できない勝負なら時間を置いたり、方位取りをやって気分転換したりする。

こういった運勢のバロメーターを持っていると生活に役立つと思います。
そして、これをやること自体で、気分がスッと落ち着く気もするんですね。
人相や気血を見るのは大変で、生半可に身につくものではないと思いますが、これは簡単でよいです。

お友達にも教えてあげてください!

タロット占いはいかがですか

恋愛運や仕事運について知りたい、何かを決断したい、そういうご要望はありませんか。迷ったときは当たると評判の、無料タロット占いをお試しください。

大久保占い研究室・田中の自己紹介

少年時代から四柱推命・紫微斗数・周易・奇門遁甲などの東洋占術を愛好。立教大学大学院(経営管理学)卒業後、占いを本業の会社経営や競走馬の保有、そして日々の暮らしに活かすべく、細く長くのんべんだらりと学習を続けている。台湾の紫微斗数界や香港の若手占い師たちと交友があり、占いを通じた国際親善がライフワーク。詳しくは田中のプロフイールからどうぞ。