代々木会館の建て替えで東豊書店が閉店セール中

お友達にも教えてあげてください!

さらば代々木会館、さらば東豊書店。

「傷だらけの天使」のロケ地としても有名で、代々木九龍城とも呼ばれる代々木会館が建て替えで取り壊されるそうです。

代々木会館

また、ビル内に唯一残るテナントである東豊書店さんが6月末に廃業します(ビルの外面には居酒屋さんがまだ営業しています)。

ここは50年前から中国書を輸入販売してきた老舗の洋書店で、大学の中国関係者のみならず、占い師、漢方医、鍼灸師、書家、中国料理人などの皆さんも、一度は訪問されたことがあるのではないでしょうか。

東豊書店さんは閉店半額セールに突入

東豊書店さんは閉店に伴い、6月末まで店内全て半額の大セールとなっています。まさしくお宝の山、棚をほじくりかえすだけで軽く2時間は経ちます。

東豊書店さんの看板

占い関係書籍も新旧問わず大量にありますので、みなさんもほじくりにこられてはいかがでしょうか。新しいところでは、天乙上人老師の占験紫微PMP、現代斗数真訣なんかがあります。

国内で中国の占い本を買うと高くつくのですが、半額セールのおかげで台湾書などは台北の進源書局さんで買うのと大差ない値段になっています!

台湾でも見ない激レア本もある

また50年も輸入販売をしているだけあり、台湾の書店でも見ないような古い占い本が大量に在庫されています。

私は梁湘潤老師や王亭之老師の随筆集など、台湾でもあまり見ない本を中心に買い込んできました!

みなさんも閉店までに一度はほじりに来てください。来ないと本当に後悔すると想います。

閉店後は在庫はどこに行くの?

とにかくとんでもない量の本がストックされている東豊書店。閉店したら本はどうされるのですかと店主に訪ねてみたところ、行き先が決まっておらず困っていると言われました。このままでは廃棄されかねません。

「50年間頑張って日本に入れてきた本なので、日本に残しておきたい」と話してくれた店主の想い。占い本だけでも、なんとか応じてあげたいものです。閉店までにぜひ、買い物に来てあげてください。

※日曜祝日休み、午前10時から18時まで営業中です。

そして売れ残った本、丸ごと買い取ってワゴンセールとかやれないかなあ…。

代々木会館についてのおことわり

「代々木会館が取り壊しになる」というのは店主から聞いた話ですが、ここは都内でも超いわくつきの不動産で、権利や債務が入り組んでいるため解体する話が出ては消えていく、いわば不死身の物件です。

代々木会館の階段

東豊書店の閉店は現地で確認したので間違いありませんが、解体についてはその限りではありません。また1Fには「きぬちゃん食堂」がまだ営業しており、そちらが廃業するかは不明です。あくまで東豊書店の閉店セールの記事なので、代々木会館については話半分で聞いていただければと思います。

崩壊している代々木会館のペントハウス(奥の部分)

というか、取り壊しというのが杞憂だといいですね。ワンチャンまた揉めて、中止にならないかなあ…。

とはいえ上の写真にもあるように、屋上の建屋が崩壊してかなり危険な状態になっているので、東豊書店さんの閉店とあわせて考えると、今度こそ本当にいよいよかもな、という気もします。

代々木会館について追記

調べてみたところ、つい最近、土地の権利がまとまっていたそうです。これは苦しいかもしれません…建物自体にも愛着があるので、早めに再訪したいと思います。

お友達にも教えてあげてください!

タロット占いはいかがですか

恋愛運や仕事運について知りたい、何かを決断したい、そういうご要望はありませんか。迷ったときは当たると評判の、無料タロット占いをお試しください。

大久保占い研究室・田中の自己紹介

少年時代から四柱推命・紫微斗数・周易・奇門遁甲などの東洋占術を愛好。立教大学大学院(経営管理学)卒業後、占いを本業の会社経営や競走馬の保有、そして日々の暮らしに活かすべく、細く長くのんべんだらりと学習を続けている。台湾の紫微斗数界や香港の若手占い師たちと交友があり、占いを通じた国際親善がライフワーク。詳しくは田中のプロフイールからどうぞ。