宿命大殺界・大殺界の過ごし方と陽転の方法

著者・田中(あらいちゅー)の自画像田中(あらいちゅー), 馬主で大家で占い師田中(あらいちゅー) @araichuu Twitter

宿命大殺界・大殺界を幸運な時期に陽転させるには?

苦労する時期だが…

宿命大殺界はおおむね20年間もあり(まったくない人や10年の人もいます)、大殺界も3年間続きます。

この時期は運命的に不遇であるとか、何をやってもうまくいかない運勢だと言われていますが、過ごし方はどうするのが良いのでしょうか。3年もしくは20年、なに一つ新しいことをせず、影に隠れて生きていくべきなのでしょうか。六星占術の知恵を活かせば、そんなことにはなりません。

そもそも宿命大殺界・大殺界とは?

宿命大殺界という言葉自体は恐ろしいのですが、意味としては「運気が不安定な20年」という程度に考えたほうがよいでしょう。

この宿命大殺界というのは、四柱推命の「大運」という理論から派生したもので、その「大運」は大まかな運気の流れを判断するものだからです。この宿命大殺界だけで、人生が破滅するだとか、受験に失敗するだとか、そういったことまでは占うことはできません。

六星占術の元となった四柱推命では、具体的な良し悪しを鋭く判断するのは「年運」と言われるもので、毎年の運勢を判断する際に使います。これは、六星占術では運命周期にあたります。

この運命周期のうち、陰影・停止・減退にあたる年が「大殺界」と呼ばれ、トラブルに気をつける時期だと言われています。また健弱は「小殺界」、乱気は「中殺界」と言われ、大殺界に準じるものという扱いです。

従って、宿命大殺界では「全体的に好調か不調か、努力が必要かそうではないか」という程度の判断をし、毎年の運命周期のほうに気を配るべきです。具体的には、陰影・停止・減退・健弱・乱気にあたる年が要注意というわけです。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

六星占術の「運命周期」とは?…意味・運気・運勢について
六星占術の「運命周期」と「大殺界」を知ろう 細木数子さんをご存じない方や、ふだん占いをしないという方でも「大殺界」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 大殺界とは六星占術で「運命周期が停止している」「運命周期が...

宿命大殺界の過ごし方

以上のように、「宿命大殺界」だからと落ち込んで、20年間何もしないで過ごすというのは大間違いです。

20年間というのは人間にとってとても長い時間で、例えば生まれてすぐ宿命大殺界が回ってくる人が、30歳手前まで何もせず、控えめに生きていたとしたら、夢は叶いませんし、人生が壊れてしまいます。タレントやアナウンサーを目指す人は、こうなると挑戦する前から絶望的でしょう。

細木数子さんは「人間のよりよい生き方」を伝えるために六星占術を作ったわけですから、宿命大殺界も人間の可能性を消し去るために考案されたものではないのです。

では具体的にどういう過ごし方をするかですが、これは先述の通り、毎年の運命周期に気をつけて行こう、というだけです。

宿命大殺界の期間のなかにも好調と不調の波があり、不調な期間に努力と勉強を行い、好調な期間に収穫や挑戦の時期を設定することで、「やや運が弱い」という宿命大殺界のハンデをはねのけることが出来ます。

お寺や神社に通うのは効果的?

運勢の弱い期間と言うと、すぐに寺社仏閣にお参りに行ったり、お祓いをお願いしたりする方がいますが、宿命大殺界は20年間という長期間にわたってゆるやかに作用するものですから、一度きり、もしくは気が向いた際に、観光ついでにお参りをしたところで、それほどは効果はありません。

通うなら氏神様と先祖供養を

開運もしくは宿命大殺界の軽減を求めるのであれば、まずは自宅の近くの氏神さまにお参りするべきでしょう。これは自分が暮らす場所を担当される神様だからです。

氏神様がどこかわからないと言う方は、神社本庁に問い合わせると調べてくれます。また細木数子さんは先祖供養をとても強く推薦されていましたので、墓参りや先祖供養を定期的に行うと開運効果が高いでしょう。

宿命大殺界・大殺界を陽転させる方法

宿命大殺界・大殺界は運勢的に不調な期間ではあるのですが、この時期の努力こそが実は大事で、苦しい時期に行った努力は、好調な期間に行った努力より、何倍も自分を成長させてくれます。

これによって人間が運命に抵抗できるくらいに強くなり、好調な期間により多くの収穫を迎えることができます。この一連の流れが「陽転」であり、この陽転を迎えられるのは、宿命大殺界や大殺界で運勢がふさがっている人だけです。

宿命大殺界の陽転法を的確に表した格言

戦国武将の山中鹿之助は「我に七難八苦を与えたまえ」という名言を残しています。また「艱難辛苦汝を玉にす」という格言が古くからあります。この2つの言葉を忘れなければ、宿命大殺界を人生にとってプラスにできるでしょう。

六星占術の仕組み―大殺界・宿命大殺界とは?
六星占術における大殺界と宿命大殺界は、細木数子さんが残した人生訓です。理論と思想を合わせて理解することで、吉を満喫し、凶に立ち向かい、運命を陽転させることができます。計算の方法、調べ方、運命星の本質や毎年の運命についてもご説明します。

大殺界・宿命大殺界、そして六星占術について、詳しくは上のページで学んでみてください。陽転についても詳しく補足しています。

宿命大殺界の過ごし方と陽転の方法のまとめ

宿命大殺界の過ごし方、そして陽転の方法をまとめます。

  • あまり重要視しなくても良い
  • 苦労することで大きく開運できる仕込みの時期
  • 本当に心配するべきなのは大殺界

ということで、宿命大殺界をあまりネガティブには考えず、部活のメニューが他人より少し多いくらいのことで、それは顧問の先生に期待されているからだ、と思って下さい。

六星占術と大殺界・宿命大殺界について学ぼう

運命星を使いこなし、大殺界を陽転させ、吉運を活かし切るために、六星占術をもっと学んでみませんか。

六星占術・大殺界・宿命大殺界について

六星占術の仕組み、大殺界・宿命大殺界の意味など、基礎的な学習は「六星占術の仕組み―大殺界・宿命大殺界とは?」からどうぞ。

六星占術の仕組み―大殺界・宿命大殺界とは?
六星占術における大殺界と宿命大殺界は、細木数子さんが残した人生訓です。理論と思想を合わせて理解することで、吉を満喫し、凶に立ち向かい、運命を陽転させることができます。計算の方法、調べ方、運命星の本質や毎年の運命についてもご説明します。

六星占術における相性と、毎年の相性運の占い方についてはこちらから。

六星占術で相性を占う方法
六星占術では、ずっと変わらない固定的な相性のことを地運と呼び、相性の状態が毎年変化していくことを天運、もしくは相性運と呼んでいます。このページでは、六星占術で相性と相性運を占う方法をわかりやすくご紹介します。

運命星の自動計算での調べ方

天王星人を含む個人の運命星、大殺界や宿命大殺界を自動計算したい方に、その調べ方をまとめておきました。以下の「六星占術【宿命大殺界・大殺界】自動計算での調べ方」からどうぞ。

宿命大殺界・大殺界を無料で自動計算する方法
宿命大殺界、大殺界などの運命周期を無料で自動計算する方法です。自分の干支と運命周期がわかれば、毎年の運勢だけでなく、恋人との相性を占うこともできます。

各運命星の本質や運命周期ごとの運命

六星占術における各運命星の本質や、運命周期ごとの運命については、以下のページををお読みください。

各運命星の運命と相性

運命周期の意味と解説

宿命大殺界・大殺界の過ごし方と陽転の方法

自身の運勢が宿命大殺界や大殺界に当たった場合の過ごし方です。不幸を陽転させて幸運に変えましょう。

宿命大殺界・大殺界の過ごし方と陽転の方法
宿命大殺界・大殺界を幸運な時期に陽転させるには? 宿命大殺界はおおむね20年間もあり(まったくない人や10年の人もいます)、大殺界も3年間続きます。 この時期は運命的に不遇であるとか、何をやってもうまくいかない運勢だと言われ...

大殺界と宿命大殺界が重なると何が起こる?

大殺界と宿命大殺界が重なる時は運勢的に要注意だと言えます。それぞれの効果の違いや重複した場合の作用について解説します。

大殺界と宿命大殺界が重なると何が起こる?
六星占術の根幹とも言える大殺界と宿命大殺界ですが、この2つが重なる時期というのが存在します。その時期に何が起こるのか、どう過ごすべきかを、プロ占い師の視点から解説します。
タイトルとURLをコピーしました