【まだこんなに】細木数子さんの本は今どれくらい売れているのか

お友達にも教えてあげてください!

細木数子さんの本が毎年出ていますが…

細木数子ブームが去ってはや数年、相変わらず細木数子さんのファンだという人をお見かけしますし、本も毎年出ていて、本屋では平積みになっています。

2016_6sei

しかしこの本、以前と比べて売れ行きはどうなのでしょう。何部くらい売れているのでしょう。さすがに往時に比べて、鈍っているのでしょうか?

昨年時点での販売部数のデータがあった

そんなことをネットで調べていたところ、新文化のサイトで、ここ数年の発売部数と、今までの累計部数というデータが見つかりました。

平成22年度には初版200万部あったものが、昨年は165万部。今年の平成28年度版は160万部ということで、じりじりと減っているようです。しかし返品率は約20%と、相も変わらず根強い人気があるご様子。

細木数子さんの本、いままでの発行部数は?

そして今までの発行部数のデータもありました。なんと合計で9800万部も売っているそうです。同シリーズの開始は1986年と約30年前。それで9800万部ですから、平均すると年320万部ほど売っていたのですね。それからすれば、今はかなり部数が減ったと言えそうです。あと数年で1億部の大台に乗りそうですね。

六星占術がどんなものかはこちらをどうぞ

この部数の減り具合を見ていると、若い人のなかには、細木数子さんを知らない方もいらつしゃるかと思います。細木数子さんの六星占術がどういったものかは、15分で学べる!細木数子さんの六星占術と大殺界理論【2018年対応】六星占術の運命周期についてをご覧いただければ、よくわかると思います。

お友達にも教えてあげてください!

タロット占いはいかがですか

恋愛運や仕事運について知りたい、何かを決断したい、そういうご要望はありませんか。迷ったときは当たると評判の、無料タロット占いをお試しください。

大久保占い研究室・田中の自己紹介

占い愛好家。立教大学大学院卒・経営管理学修士(MBA)。
四柱推命、紫微斗数、周易、奇門遁甲と、10代のころから東洋占術の研究を始め、気がつけばもう20年経ちました。詳しくは田中のプロフイールからどうぞ。