受験と勝負の「鬼鎮神社」(埼玉県嵐山町)で必勝を祈願する!

著者・田中(あらいちゅー)の自画像田中(あらいちゅー), 馬主で大家で占い師田中(あらいちゅー) @araichuu Twitter

埼玉のパワースポット・嵐山町の鬼鎮神社でご利益をいただく

嵐山町の鬼鎮神社

埼玉県比企郡の嵐山町に、日本でも珍しい鬼を祀る神社「鬼鎮神社」があります。受験や勝負事の神様としてご利益があるといわれ、関東一円から信仰を集めている神社です。きょうは久々にお参りしてきましたので、みなさまにも鬼鎮神社のことをご紹介します!

鬼鎮神社とは?

神社の境内にある由緒書によると、12世紀にこのあたりを治めていた畠山重忠公が造営した菅谷城の鬼門除けとして創建されたものだそうです。節分祭にはたくさんの参拝客が集まり、「福は内、鬼は内、悪魔は外」という珍しい掛け声で豆まきが行われているとのこと。普段はあまり人もいませんが、さっぱりとした明るい雰囲気の気持ちが良い境内です。また鬼鎮神社を参詣すると、鬼の力を分けていただけると信じられています。このため受験生やスポーツ選手等が多数訪れるそうです。

鬼鎮神社は埼玉県の「効く」パワースポット

鬼の金棒

かくいう私も10年ほど前、大学院受験の際にここで金棒のお守りを授与していただき、無事に合格したという経験があります。それから社会的にも少しだけ成功し、競走馬を一頭持てるくらいにはなりました。個人的には「効く」パワースポットなのです。

鬼鎮神社の境内をご紹介します

それでは鬼鎮神社を訪問して、境内を探検してみましょう。小さな社殿なのですが、色々と見どころがあって面白いですよ~。

埼玉県比企郡嵐山町の武蔵嵐山駅へ

武蔵嵐山駅

鬼鎮神社は東武東上線・武蔵嵐山駅から歩いて10分ほどのところにあります。池袋から快速で1時間といったところです。住宅街の中なのですが、道が入り組んでいないので電車でのアクセスは悪くないと思います。駅からのバス便は無いようですが、駅前にタクシーが常駐しているので、車はないけど歩きたくないという人はそちらをどうぞ。

境内には鬼の金棒がたくさん!

鬼鎮神社の鳥居

というわけで神社の全景です。社殿自体はそれほどの大きさではないのですが、節分祭にとんでもない数の人が集まるためか、敷地自体は小学校の校庭くらいの大きさです。この写真の右手奥が空地になっています。

鬼の金棒

拝殿の手前には賽銭箱と絵馬掛け、そして奉納された金棒たちがあります。鬼に金棒とはよく言ったものですが、現物を見るとものすごいパワーを感じます。こんなのを振り回されたら勝てっこないですねえ。

お土産はもちろん鬼の金棒

金棒のお守り

神社なので交通安全のお守りや絵馬などが売られているのですが、ここに来たら金棒のお守りを買うのがマストです。10年前とデザインが違って可愛くなっていますね。キーホルダーにしたり、カバンにつけたりして持ち歩くとよさそうです。

大金棒

そしてもう一つ、特大の「大金棒」も売られています。ちょっと高かったのですが、どうしても欲しくなってしまい、自分用のお守りとして一つ買ってしまいました。もって見るとさすがの重量感で、自分にパワーが宿ったような気にさせてくれます。

特別に拝殿内を案内していただいた

鬼鎮神社の拝殿

ちょうどお手すきな時間だったからか、宮司さんのご厚意で拝殿の中を案内していただきました。おかげで祭壇の手前に座っての参拝もできました。そして拝殿内の写真撮影も快く許可していただき、本当にお世話になりまくりでした。

慶応年間の絵

12世紀にまでルーツが辿れる古い神社ということで、拝殿内には色々なものがあります。こちらは江戸時代に奉納されたという赤鬼青鬼の絵。かなり年季が入っていますが、迫力がありますねえ。

有栖川宮熾仁親王の扁額

鬼鎮神社の扁額

そして祭壇の手前にある見事な扁額、これはなんと有栖川宮熾仁親王の筆だそうです。宮司さんいわく、戦前までは皇族のみなさんもよく訪れていたとのこと。

有栖川宮熾仁親王の書

たしかに明治十三年、有栖川宮熾仁親王とありますね。日本史ファンに有名な人なので、これを見に来るだけでも値打ちがあるような気がします。

競馬ファン垂涎!サニーブライアンの絵馬

サニーブライアンの絵馬

そして拝殿の右側には大きな競走馬の絵馬(?)があります。実はこれ、1997年の皐月賞と日本ダービーを制して引退した幻の三冠馬、サニーブライアンの絵馬なのです。馬主の宮崎守保さんが鬼鎮神社の崇敬者らしく、皐月賞と日本ダービーの勝利を記念して奉納したものだとか。右回りでゼッケンが18番ということは日本ダービー制覇の際の勇姿で、鞍上は大西直宏騎手ですね。

大西騎手と鬼鎮神社に関する逸話

そして宮司さんから面白い話を聞きました。ダービーに出走した際に大西直宏騎手が、鬼鎮神社の金棒を服に縫い付けていたそうなのです。皐月賞の覇者とはいえ単勝6番人気でのダービー制覇。その影に鬼鎮神社の金棒のお守りがあったわけで、ご利益があるとか、効くとか効かないとかのレベルではないですね。私の保有馬もサニーブライアンの10分の1…いや20分の1くらい活躍してくれたらなあ…と思いました。

ダービー馬にあやかりたいと絵馬を奉納

赤鬼青鬼

参拝のあと宮司さんに「10年前の受験の際に鬼鎮神社で金棒をいただいた」「そのあと少しだけ成功して競走馬を持てるようになった」と話したら、とても喜んでくださいました。仕事や競馬で成果を出せたらまた来ます、とお約束して、ありがたくもあたたかい、ご利益満点の鬼鎮神社を後にしたのでした。

鬼鎮神社へのアクセス

鬼鎮神社
住所:
〒355-0213 埼玉県比企郡嵐山町川島1898
電話:0493-62-2131

交通案内:東武東上線 武蔵嵐山駅東口より徒歩約15分
関越自動車道 嵐山小川ICより4.7km 約10分
東松山IC より6.2km 約12分

コメント

タイトルとURLをコピーしました