人相は大きく見てから小さく見る

人相は枝葉から見るなと何度も注意された話

私が人相を教わっている香港の陳俊龍先生が、講義の際に何度も言っていたのが「みんな枝葉だけ見て幹を見ていない」ということです。

陳俊龍先生の写真

これは主に日本の人相本や人相教室についての批評なのですが、日本では細かいテクニックばかりが重視されていて、全体を見る方法が軽んじられている、という警告が含まれているように思います。

天童春樹先生の人相本は評判がよかった

そんな陳先生が唯一ほめていた日本の人相の本が高知の名人・天童春樹先生のものでした。

実際に購入して読んでみたところ、確かに「まずぱっと見る」「大きなところから見て、次に小さなところを見る」といったことが繰り返し書かれています。

具体的には男性性・女性性・五行別などの大まかなタイプをまずしっかり学んでもらい、そこから恋愛運や婚期、流年へと進んでいくという作りでした。

(流年法は水野南北流で顔の中心を見るもので、陳先生のやり方とは違いました)

大まかに区分けすると直感が養われる

大まかに区分けして決めつけているだけでは占いでもなんでもないのですが、大まかに見て区分けすることで直感が養われますし、その直感は鑑定を進める上での切り口として大変役に立つと思っています。枝葉と幹の両立が大事だということを肝に銘じつつ、今日も道行く人の顔をなんとなく眺めてみようと思います。

人相術占い

大久保占い研究室・田中の自己紹介

少年時代から四柱推命・紫微斗数・周易・奇門遁甲などの東洋占術を愛好。立教大学大学院(経営管理学)卒業後、占いを本業の会社経営や競走馬の保有、そして日々の暮らしに活かすべく、細く長くのんべんだらりと学習を続けている。台湾の紫微斗数界や香港の若手占い師たちと交友があり、占いを通じた国際親善がライフワーク。詳しくは田中のプロフイールからどうぞ。

タロット占いはいかがですか

恋愛運や仕事運について知りたい、何かを決断したい、そういうご要望はありませんか。迷ったときは当たると評判の、無料タロット占いをお試しください。
大久保占い研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました