紫微斗数の天空星・地空星・地劫星について

天空星はふたつあった!?

CHAZZ先生が「紫微斗数古訣神探」で書いておられますが、日本ではなぜか「天空星」がほとんど紹介されていませんでした。香港や台湾の本には出てきます。

王亭之談星

いやいやそんなことないよ、と言われそうですが、ここでいう天空星は天空・地劫とセットになっているお馴染みの天空星ではなく、まったく別の星になります。

この天空は年支を使って配当し、年支が子のときには丑に入ります。そのほかは順行します。要するに、年支の次の支の宮に入る、かなり簡単な作盤の星になります。

この天空、王亭之先生(中州派)の名著「王亭之談星」では「地空・地劫」「天空」と分けて、まったく別の星として説明されています。

日本では三合派よりも飛星派のほうが勢力が強いので、同じ名前を持つ細かい雑星ということで、天空星が省略された状態で紫微斗数が広がった…という流れではないでしょうか(想像です)。

天空星の意味と作用

「王亭之談星」と「紫微斗数古訣神探」の記述をざっくりとまとめると、地空とは同じ空であるが性質がやや異なる、他の星の力量に影響を及ぼす、幻想や幻覚を抱いたり神示のようなものを受けやすくなる、といったところでしょうか。

星と星との関係なども含め、私のつたない知識では伝え切れませんので、前掲二書をご参考いただければと思います。

紫微斗数

大久保占い研究室・田中の自己紹介

少年時代から四柱推命・紫微斗数・周易・奇門遁甲などの東洋占術を愛好。立教大学大学院(経営管理学)卒業後、占いを本業の会社経営や競走馬の保有、そして日々の暮らしに活かすべく、細く長くのんべんだらりと学習を続けている。台湾の紫微斗数界や香港の若手占い師たちと交友があり、占いを通じた国際親善がライフワーク。詳しくは田中のプロフイールからどうぞ。

タロット占いはいかがですか

恋愛運や仕事運について知りたい、何かを決断したい、そういうご要望はありませんか。迷ったときは当たると評判の、無料タロット占いをお試しください。
大久保占い研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました