四柱推命で使用する時差(地方時差・均時差・真太陽時)について

著者・田中(あらいちゅー)の自画像田中(あらいちゅー), 馬主で大家で占い師田中(あらいちゅー) @araichuu Twitter

四柱推命で使用する時差は3種類ある

四柱推命で使う太陽と時差

四柱推命で生まれた時間を設定する際には、時差を考慮する必要があります。国内の四柱推命本に出てくるのは地方時差・均時差・真太陽時でしょうか。国内時差にあたる地方時差はわかりやすいと思うのですが、均時差と真太陽時はあまり知られていないので、まとめて解説します。

地方時差とは?

日本の時刻、つまり日本標準時は東経135度の子午線が通る明石市を基点としています。

地球は1日(24時間)で自転し、かつ360度の球体ですから、360度÷24時間で、明石市から東経が15度ずれるごとに1時間の時差が発生します。15度が1時間ということは、1度につき4分ということです。

つまり明石市から東経が1度西にずれるとマイナス4分(実際の時間より現地時間は4分早い)、1度東にずれるとプラス1分の時差(実際の時間より現地時間は4分遅い)が発生することになるわけです。

東京はだいたい東経140度ですから、明石との差は5度になります。4×5で20となりますから、日本標準時で11時であったとしても、地方時差を反映させた実際の時間は11時20分となるわけです。

中国北京と日本の時差はどれくらい?

続いて中国の例です。中国標準時は北京に近い東経120度の子午線を基準を基点としています。したがって135-120=15で、日本とは1時間の時差があることになります。

次に、北京市生まれの人の地方時差を計算してみましょう。北京市は東経116度にありますから、北京市生まれの人が中国標準時との時差を検討する場合は、120-116で4度となります。

したがって、北京生まれの人が中国標準時との地方時差を補正する場合、4×4で16分となる、ということです。

全国主要都市と明石市との時差の表

これで地方時差の理屈はわかっていただけたかと思います。しかしながら、毎回経度を計算して命式を作るのは面倒でなりません。

ありがたいことに「全市町村の明石市との時差/経度/緯度」というページがありますので、利用させていただきましょう。作者の「占いのホッタテ小屋・源氏名K」さんに感謝です。

時差/経度/緯度  前説

以下は上記のページから、大まかな部分を引用した地方時差の一覧表になります。しかし、これは全国の主要都市のみの表ですから、精密に計算する場合は上記のページにアクセスしていただいて、「全市町村の時差/経度/緯度・各都道府県のページ」を参照してください。源氏名Kさん、重ね重ね、ありがとうございます。

全国主要都市の時差
都市時差東経・北緯都市時差東経・北緯
北海道札幌市+25分E141°21′N43°04′函館市+23分E140°44′N41°46′北海道
旭川市+29分E142°22′N43°46′釧路市+37分E144°23′N42°59′
東北盛岡市岩手県+25分E141°09′N39°42′秋田市秋田県+20分E140°06′N39°43′東北
仙台市宮城県+23分E140°52′N38°16′
関東東京23区+19分E139°4x′N35°4x′横浜市神奈川県+19分E139°38′N35°26′関東
中部金沢市石川県+07分E136°40′N36°33′新潟市新潟県+16分E139°02′N37°55′中部
甲府市山梨県+14分E138°34′N35°40′静岡市静岡県+14分E138°23′N34°58′
名古屋市愛知県+08分E136°55′N35°11′
近畿大阪市大阪府+02分E135°30′N34°41′京都市京都府+03分E135°46′N35°01′近畿
中国広島市広島県-10分E132°27′N34°23′岡山市岡山県-04分E133°55′N34°39′中国
四国松山市愛媛県-09分E132°46′N33°50′徳島市徳島県-02分E134°33′N34°04′四国
九州北九州市福岡県-16分E130°53′N33°53′大分市大分県-14分E131°37′N33°14′九州
長崎市長崎県-20分E129°53′N32°45′五島市長崎県
(五島列島・旧福江市)
-25分E128°51′N32°42′
鹿児島市鹿児島県-18分E130°34′N31°36′
沖縄那覇市-29分E127°41′N26°13′石垣市-43分E124°09′N24°20′沖縄

均時差とは?

続いて均時差になります。均時差のWikipediaには「均時差(きんじさ、equation of time)とは、天球上を一定な速さで動くと考えた平均太陽と、視太陽(真太陽)との移動の差」とありますが、占い初心者には何のことだかわからないと思います。

きわめて簡単に(半分端折って)解説すると、占い的には、地球は太陽の周りを一定のペースで、真円の形で、まあるく、ぐるぐると周回していることになっています。しかし、実際には楕円形に回っています。その他の理由も色々と勘案すると、計算上の太陽の位置と、実際の太陽の位置にズレが生じることになります。

専門的には、真太陽時(視太陽時)と平均太陽時の時刻差と表現します。要するに、太陽の位置を基準として時刻を決めているのに、計算上の太陽の位置と実際の位置は違うので、それを実際の位置から計算したものに補正しましょうね、ということです。もっと詳しい説明はコトバンクの均時差のページをどうぞ。

太陽南中と均時差
太陽が南中する時間と均時差を計算し年間変化のグラフを表示します。

均時差は素人が手で計算するのは無理です。こちらも「太陽南中と均時差」というサイトで計算することができますから、ありがたく利用させてもらいましょう。

真太陽時とは?

そして最後に真太陽時(視太陽時)となります。これは先程の均時差の説明で出てきたものですね。これはコトバンクの真太陽時のページを引用させていただきましょう。

実際の太陽(真太陽)が南中する時を基準にしてきめた時刻。12時に太陽の時角を加えたものに等しい。真太陽が南中してから次に南中するまでの時間を1真太陽日という。真太陽日の長さは季節により異なるので,時間の基準には平均太陽時を用いる。

四柱推命で鑑定する場合はどう使う?

これらの時差を四柱推命の鑑定にどう使うかという話ですが、実際は生まれた時間から地方時差を加減して、さらに均時差を加えれば十分でしょう。国立天文台のホームページに均時差の表がありましたので、これを引用しておきます。

均時差の表

実際の均時差は日ごと、年ごとに違うので、詳しく知りたい方は理科年表を用意されれば良いと思います。実際は、この表を使って生まれた時間を増減させれば良いでしょう。

四柱推命とレクティファイ

しかし、個人的には「正しい時刻よりも当たる時刻」で占うことが大事だと思っています。地方時差と均時差を加えると命式が違ってくるという場合、思い切って時差を考慮しない命式も作り、それで占ってみるのも手です。というより、私は時刻が微妙な人は命式や命盤をかならず2種類作っています。

生年月日も命式も絶対のものだとは思いますが、自分の人生は自分自身のものです。正しい命式だからと言って、自分のバイオリズムを反映しないものに、利用価値があるとは思えないのです。

これは台湾の紫微斗数の第一人者である、天乙上人のレクティファイと鑑定を見て感じたことです。この話はまた、いずれどこかで…。

四柱推命の関連記事

四柱推命とは、干支暦と呼ばれる中国の暦を用いた占いです。生日を中国の暦に変換し、そこから陰陽五行のエネルギーバランスを推し量って鑑定していきます。毎年の運勢の良し悪しを的確に判断出来るのが特徴です。

四柱推命とは? 性格・相性・運命などを鑑定できる占いの王様
四柱推命とは何か? このページでは、四柱推命とは何かを簡単にご説明します。そして、当たる占いなのかどうか、占い方についてなど、その特徴と基礎知識をまとめてゆきます。 四柱推命の特徴 四柱推命とは、干支暦と呼ばれる中国のカレンダ...

四柱推命の「正しい」自動計算方法について。一部のサイトは適当に自動計算をすると、命式が違っていたりします。

四柱推命を無料で自動計算するおすすめのサイト&正しい設定【2022年対応】
四柱推命の命式を自動計算するサイトのなかには、正確でないものが複数あります。また正しい設定法を理解していないと、自動計算であっても誤った結果が出ます。このページでは、おすすめのサイトと正しい設定方法をご紹介します。

四柱推命における干合・支合支冲・会局方局・半会半方といった力量変化のルールをまとめたものです。

四柱推命における干合・支合支冲・会局方局・半会半方のルールと異説
干合支合・会局方局・半会半方のルールいろいろ 四柱推命は五行の力量を測る占いであり、その力量を測るために干合・支合支冲・会局方局・半会半方を見ていきます。 ところがこの処理ルールが占い師や流派によってマチマチで、独学で本を継...

四柱推命やその他の占いで多用される「十二運」についてまとめました。

四柱推命における十二運(十二運星)の意味と鑑定法
四柱推命で命式に現れる十二運(十二運星)ですが、その意味と具体的な使い方は流派によって諸説紛々となっています。このページでは、十二運(十二運星)の具体的な意味と、古典的・現代的な使い方をご紹介します。

中国式四柱推命と日本式四柱推命の違いについて解説しています。

中国式四柱推命と日本式四柱推命の違い―日本式はさらに2つに分かれる
四柱推命には大きく分けて3タイプがある 現代の四柱推命には、大きく分けて3つのタイプがあります。まずは中国式の四柱推命で、これは古典を尊重しつつ、中華圏で近代化を遂げたものです。そして日本の四柱推命は旧来型と現代型に別れており、ほとんどま...

四柱推命初心者が頭を抱えるのが、地方時差・均時差・真太陽時という時差の問題です。こちらを簡単に、実用的にまとめておきました。

四柱推命で使用する時差(地方時差・均時差・真太陽時)について
四柱推命で生まれた時間を設定する際には、時差を考慮する必要があります。国内の四柱推命本に出てくるのは地方時差・均時差・真太陽時でしょうか。国内時差にあたる地方時差はわかりやすいと思うのですが、均時差と真太陽時はあまり知られていないので、まとめて解説します。

時差の問題や占い師の力量の問題から、四柱推命が当たる・当たらないという議論になりがちです。

四柱推命が当たる理由と当たらない原因
四柱推命は運命学の王様と言われています。うまく依頼者の運勢のリズムを捉えている場合には、毎年の運勢や人間関係など、驚くほど的確に当たるものです。しかしうまくリズムを捉えられなかった場合には、完全に空振り、当たらないということになります。

四柱推命の(自分が書いた)古い鑑定例です。

四柱推命で占ってみた鑑定例
四柱推命の鑑定例 四柱推命で占ってみた鑑定例です。自分の若かりし頃、ほぼ20年くらい前の鑑定なので、今からすると「これは使わないよなあ」みたいな部分が多々あります。ご笑覧下さい。 なんちゃって従格の女性(2003/7/30) ...

四柱推命は統計学だと言う無知な占い師がいますが、決してそうではありません。

占いは統計学ではない・統計学=占いが嘘である理由
占いは統計学ではありません。また、統計学を用いて占いができるという根拠もありません。生年月日を用いた統計学だから当たるという四柱推命や占星術の占い師がいますが、全く関係ありません。占いは統計学ではないという根拠を、やさしく解説します。
タイトルとURLをコピーしました