風間印房さんの運気アップできる開運印鑑を通信販売で買ってみた

お友達にも教えてあげてください!

運気アップで有名な風間印房の開運印鑑を通販で買った

キックさんとCHAZZ先生にご紹介をいただいてから、ずっと欲しかった風間印房さん(横浜)の開運印鑑

芸能人・芸能界御用達。とにかく願望達成に効くとの評判で、なかでも宝くじが当選するという不思議な力があるそうです。とはいえ、私はそこまで欲深ではありません(笑)。

宝くじを当てるためではなく、競走馬を買ったので競馬事務用の印鑑が欲しくなり、せっかくだからと清水の舞台から飛び降りるつもりでオーダーした…といった経緯です。

馬が走ってくれたらいいな、という感じですが、よくよく考えれば宝くじなみのお金を使っているわけですが、同じくらいの欲深さでしょうか?

風間印房さんの開運印鑑と印鑑ケース

というわけで、届いた印鑑がこちら。
セキュリティ上の問題で印相はお見せできませんが、本当に丁寧、端正に彫られたもので、あまりに綺麗なため、一瞬機械彫りではないかと疑ってしまったくらいです(ごめんなさい)。

というわけで、ここからは

といった、印鑑購入と開運にまつわるTipsをお伝えしていきます。

ハンコでどうして開運できるのか?

開運印鑑をオーダーするまえに、ハンコでどうして開運できるのかを考えていきましょう。

風間印房さんのホームページや、キックさんのブログに説明が乗っているのですが、風間印房さんの開運印鑑は、基本的には印相学の理論に則っているようです。この部分は、単純に占いや開運法の一種なので、わかりやすいですね。

また風間印房さんの説明を読んでいると、「丁寧に、誠実に拵えられたフルネームの印鑑」というもの自体に意義があるようです。

占い師的な観点から言うと、これはぶっちゃけた話、店長の風間秀規さんのパワーを一刀一刀、手彫りで印鑑自体に込めてもらっているということでしょう。

印鑑はパワーストーンのように持ち歩く

そのためか、風間印房さんから「印鑑は持ち歩いてください」という指導をいただきました。
これはパワーストーンのような使い方で、ここからも印鑑自体にパワーがあるんだろう、ということがわかります。

実際に持ち歩き用の巾着がオマケとしてついてきており、私も一応持ち歩いています。
宝くじはまだ買っていないので、効果があるのかはわかりませんが、おかげさまで仕事は繁盛しています。

なお風間さんからも注意されていますが、印鑑は持ち歩いたとしても、銀行通帳や印鑑登録証を持ち歩いてはいけません。これは当たり前ですね。

風間印房さんで印鑑を買うにはどうすればよいか

実際に風間印房さんで印鑑を買う方法ですが、電話予約してから横浜の店舗にお伺いする方法と、通信販売で買う方法があります。

業務多忙でなかなかタイミングがあわないため、私は通信販売を利用しました。
通信販売でもきちんと仕事をするとホームページに書かれていますが、実際に端正なハンコが届いたのは、先述のとおりです。

通信販売のやり方は簡単で、ホームページで印鑑の材料と太さを選び、入れる文字を指定して、必要であればオプション品を買うというだけです。

一般のオンラインストアのカートシステムと何も変わりませんので、かなり気軽に、落ち着いて開運印鑑を作ることができると思います。

※ただし、ホームページの注意書きは熟読してください。最悪、届きません。

開運印鑑の値段はいくらなのか

風間印房さんの開運印鑑は材質次第で値段がピンキリとなりますが、一番安くて2万円といったところです。

この値段なら、そのへんの手彫り印鑑の店舗とさほど値段が変わりません。風間印房さんは誠実に商売をやっているなと思いました。

具体的な材質によっての値段の違い

開運印鑑は女性が13.5mm以上、男性が15mm以上がおすすめということで、ここは女性用をベースに話を進めます。

一番安いものは黒水牛で13.5mmが21,000円、15mmが26,000円となります。

一番高いものはやはり象牙で、13.5mmが150,000円、15mmが180,000円となります。さらにクオリティの高い極上品だと15mmで600,000円にもなるそうです。

一般的なクオリティの象牙も扱っており、こちらは13.5mmが54,000円、15mmが67,000円と、それほど無理のない価格になってました。

※会社印と個人印では値段が違います。

特急料金システムがある

風間印房さんは大人気の店なので、不通に注文すると印鑑は半年待ちになるそうです。

待てる人は待てばよいのですが、私はせっかちなもので、1万円支払えば特急(一ヶ月)で仕上げるという特急仕上げ代金も支払いました。

私の場合が運がよかったのか、たまたまお店が暇だったのか、三週間ほどで届きました。

印鑑注文の際に気をつけることは

風間印房さんのホームページにも色々と書いてありますが、印鑑を注文する際には気をつけることがいくつかあります。

印鑑は小さくしてはいけない

また重要な注意事項として、ここはパワーストーンとは違うところですが、印鑑は小さいものに作り変えてはいけないそうです。

街のはんこ屋さんで大きな印鑑を作ったあとで、風間印房さんで小さな開運印鑑を作ったというようなケースの場合、運がよくなるどころか悪化するとのことです。

印鑑ケースはかならずつける

安いもので結構ですので、印鑑ケースは必ずつけてください。
素材によっては密封しないと虫食いや腐食が起こるという理由もあるのですが、風間印房さんの開運印鑑は持ち歩きが前提なので、アタリ・カケがないように、ケースがあったほうが良いと言うことです。

風間印房さんで売っている印鑑ケース

(風間印房さんのホームページから。詳しく読みたい人は画像をクリックしてください)

モミ革のものであれば1000円でつけてもらえますので、忘れないようにしてください。

印鑑ケースについている朱肉は使わない

印鑑ケースについている、窮屈な小さい朱肉。これは印鑑の角が欠ける原因になっているそうです。

また後述のように、印鑑の印影自体にも開運効果があるという意見もあり、あのヘニャヘニャな朱肉できちんとハンコを押せるわけがありませんね。

実際に風間印房さんから買った印鑑ケースには、朱肉がついていませんでした。

開運に欠かせない上質な朱肉と捺印マット

これは風間印房さんではなく、某大御所占い師の先生が話していたというのを伝聞で聞いたのですが(不確かなのでお名前は略します。すいません)、印鑑で本当に大事なのはハンコではなく朱肉だというのです。

これは朱肉自体に道具としてのパワーがあるという話と、押印した際の印影の美しさに関する問題があるからだと思います。

前者は道教で呪符を作る儀式に関連しているのではと別の先生に教えてもらいましたが、こちらは門外漢なのでよくわかりません。

後者は印影の見た目からして明らかで、確かに、よくあるスタンプ台みたいな朱肉だと、印影がスカスカになりますよね。

印鑑には、印面を中心としてそれぞれ方位があり、具体的には乾兌離震巽坎艮坤の八方位に分かれています。そして、それぞれの方位に意味があります。

よい印鑑を使っても、特定の方位の印相が欠けたり、カスレていたりすると開運印鑑の意味がなくなる、という理屈のようです。こればこれで、納得できる話です。

今回ご紹介した風間印房さんのホームページでは、東西南北の方位とそれぞれに九星が割り振られていますが、根底となる考え方は同じ東洋占術の系譜につらなるものです。

風間印房さんの印鑑と方位の対応図

(風間印房さんのホームページから。詳しく読みたい人は画像をクリックしてください)

私は会社や競馬や銀行で、一般の方よりも相当多い頻度で印鑑を使うため、普段使いできる安くて上質な朱肉を探していました。そして最終的に、シャチハタさんの「鯱旗印肉」という公用向けの朱肉に行き着きました。

それほどの値段ではありませんが、朱肉の乗りは最高で、クッキリハッキリした超目立つ陰影になります。

朱肉に気をつけるならスタンプ台(捺印マット)にも気をつけたい

印鑑マットについても同様で、これがよくないと印影がカスレてしまいます。基本的にはシャチハタやコクヨなどの捺印マットでよいと思います。

よく会社であるやつですが、自宅にも一枚あると便利ですよ。

捺印マットではなくマウスパッドを使う裏技

そして裏技ですが、本当に綺麗に印鑑を押したいという場合、捺印マットではなくマウスパッドを使ってください。

アームレストのある低反発のマウスパッドで印鑑を押すと、いい感じに印鑑が沈み込むため、びっくりするほどクッキリと、カスレなく捺印することができます。

ただし、この方法だと朱肉が紙に広がりすぎるため、印鑑にはかなり軽く朱肉を乗せる必要があります。印鑑を朱肉にギュッと押し付けると、水分が出てベタッとした印影になります。軽くポンポンと朱肉を叩きつけるのがコツです。一度、やってみてください!

というわけで、風間印房さんと、開運印鑑にまつわるアレコレでした。
最後に、風間印房さんのホームページもぜひどうぞ。

お友達にも教えてあげてください!

タロット占いはいかがですか

恋愛運や仕事運について知りたい、何かを決断したい、そういうご要望はありませんか。迷ったときは当たると評判の、無料タロット占いをお試しください。

大久保占い研究室・田中の自己紹介

占い愛好家。立教大学大学院卒・経営管理学修士(MBA)。
四柱推命、紫微斗数、周易、奇門遁甲と、10代のころから東洋占術の研究を始め、気がつけばもう20年経ちました。詳しくは田中のプロフイールからどうぞ。