占い師は英語で「fortune-teller」が正しい?

著者・田中(あらいちゅー)の自画像田中(あらいちゅー), 馬主で大家で占い師田中(あらいちゅー) @araichuu Twitter

占い師って英語でなんて言うの?

インドの女性占い師さん

占いのサイトをやっていると、海外の方からメールやメッセージをいただきます。その際に困るのが「占い師」をどう英語に訳すかということです。また日本国内でも、占い師の方が名刺を作る際に、英文でどう表記するか迷われるようです。

一般的には「占い師」は「fortune-teller」で良いと思うのですが、日本語でも占い師と易者で言葉が使い分けられているように、英語でも類義語がたくさんあります。以下、よく出てくる類義語をまとめて、意味やカタカナ発音をつけておきます。

fortune-teller(一般的な占い師)

一般的には類義語は不要で、「fortune-teller」一本で通用すると思います。カタカナ発音だと「フォーチュンテラー」です。

占いそのものはfortune tellingやdivinationと呼ばれますが、divinationには神託を授かるといった意味合いがあるようです。

forecast、predictionなども使われますが、forecastは天気予報や競馬の予想などでも使われるので、敢えて日本人がメールで使うこともないと思います。

soothsayer(預言者的なニュアンス)

こちらはあまり見かけませんが、soothsayerで占い師や預言者として使われます。どちらかと言うと預言者という意味合いのほうが強そうです。

カタカナ発音だと「スーセイヤー」や「スースセイヤー」とかでしょうか。

palm reader(手相占い師)

海外にも手相は当然あり、掌を読むということでpalm readerがよく使われます。

手相占いに限るとは思いますが、これも占い師という意味で通じると思います。

カタカナ発音だと「パームリーダー」で良いと思います。

astrologist(占星術師)

astrologistは占星術師という意味合いで日本でも使われますね。

カタカナ発音だと「アストロロジスト」でしょうか。

ちなみに複数形はastrologistsです。

astrologer(占星術師)

astrologerも占星術師として使われます。カタカナ発音だと「アストロロジャー」でしょうか。

ちなみに複数形はastrologersです。

驚いたことに、海外では「astrologistとastrologerのどっちが正しいねん」という議論があるようです。細かい違いや出自があるんでしょうね。

medium(霊媒師)

mediumというと文字の中ぐらいのサイズ、という意味を連想しますが、媒体・機関・手段といった意味もあることから、これだけで霊媒師という意味で使われるようです。

カタカナ発音だと「ミディアム」でしょうか。そのまんまですね。

necromancer(霊媒師)

necromancerは、ネクロマンサーとして日本のマンガやゲームでもよく登場しますね。

海外では降霊術師や魔術師として使われますが、辞書を引くと占い師として使われている例もあります。霊を降ろしてお告げを聞くというニュアンスがあるようで、日本語で言えばイタコさんでしょうか。

カタカナ発音だと「ネクロマンサー」ですね。こちらもそのまんまです。そして複数形はnecromancersになります。

占い師の英語での呼び方 まとめ

以上のように、英語では多くの言葉で占い師を表すことが出来ます。私は英語の専門家ではありませんし、ネイティブの人のように語りたいとも思いませんので、ひとまずは「fortune-teller」を使っておけば間違いなさそうです。

とはいえ、海外の占い文献を読んだりする際には、他の表現も知る必要があるでしょう。占い師といってもどの占いを使うのか、どういう鑑定をするのかで英文の場合も雰囲気が変わってくるようです。ご参考くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました